複雑な思春期の生徒

中2の音楽科のクラスは10人以下と少人数だけれど、
学級崩壊は止まらず。 聞けば、小さい頃からずっと一緒なので、
なれ合いになってる模様。
笑うのをやめない、話すのをやめない、他いろいろ。
しかも、私がプリントの綴りを間違えるというミスを犯したため、更にネタをあたえてしまいました。とほほ

今日はついに、通常それでも集中できる子まで話し始めたり、クラスの他の子と目配せしあったり。 コンタクト中の顔が、意地悪な顔だったので、ああ、いい事コンタクトしてないんだな、と堪えてしまった。
合唱の授業に、一人どうにもこうにもやる気のない子がいて、 その子が他に影響あたえまくっていた。 最終的にクラスの後ろに座らせて、連絡帳に記入したけれど、 自分がサインをするのを忘れた。失敗ばかりだ。
その後、一部の生徒が連続して来る音楽科の授業で本当は真面目な感じの子だったはずの子が、
皆で活動しているのに横と話し続け、それで皆の前に移動させられても、感じ入る様子は一切なし。
完全に横を向いて話したり、下を向いてるのに、注意して連絡帳を出せ、というと「話してない!」と反抗的な態度と物言いで言い返してくる。
あまりに回数が多く、人に迷惑がかかるからするな、と言った私の指示を守らない。
その子も含め、私語、くすくす笑いが多くて、他の生徒の発言を聞けず、
授業がまったく進まないので、終了10分前に堪忍袋の緒をわざと切ってその子を追い出そうとしたが、 その子が問題児を生徒の生活指導部屋に連れて行く役目の学級委員だったため断念。
その後、教室の後ろに座らせた。反抗的な態度。反省の色は全くなし。
指示なく移動しようとする、授業が終っていないのに勝手にその持ち場を離れる。
それで、授業後に「合唱中に何があったの?」と聞いてみても、返事は一切なし。
目もあわせない。そして、しかったら泣いた。

このクラスには、「私は外人だからフランス語は皆ほど得意じゃないけれど、お互いいいものを助け合ってわかちあいたい」という作戦は一切聞かないみたい。ただ、見くびられるだけだった。音楽科なのに。あんなに集中できないなら、実力もはかれるというものです。音楽科だからこそ、人生の全てが取ったディプロムで決まるこの国では、音楽関係の道にしか進めない。
実力がなければ、努力を知らなければ、自分を高めるだけの精神力がなければ、苦労するだろう。私が味わったような苦労や苦悩は経験してほしくない。どうしたら、彼らにわかってもらえるだろう。
音楽は、精神の修行だってこと。

悩みはつきませんが、これで自分の人生を壊してしまってもあれなので、勤務時間と最低限の仕事以外はなるべく私生活での自分の勉強を守って、バランスをとって行こうと思います。
結果、それが気分転換になって授業もはかどるような気がします。

先生って大変なんだな。
[PR]
by gaiakiko | 2014-01-15 04:29 | 授業
<< もう1つ 怒濤の1週間 >>