カテゴリ:フランスの制度( 1 )

フランスの中学校の学期と休暇

フランスの中学校は、9月から始まり、6月末(6月最終週に入る7月の数日)に終ります。
9月から11月末が1学期、12月から3月上旬が2学期、3月から6月が3学期です。

1年間のうち、1ヶ月半に1度は2週間の休暇があります。ブロックにもよりますが、
大体10月末から11月上旬がトゥッサン(お盆)休暇、12月末がノエル(クリスマス)休暇、
2月末から3月頭が冬休み、4月下旬から5月上旬がパック(イースター)休暇になります。
休暇中の宿題は、基本的にはありません。というのも、子どもたちはお休みでも、親は働いているので、休暇中キャンプや祖父母の家に行く子どもも多数いるからです。
(フランスでは、休日は休日として、仕事や勉強はしない、という考え方が一般的です。もちろん、学生などは例外です。)

この話題に関係して、次回、試験制度についてお話いたします。
[PR]
by gaiakiko | 2015-03-04 00:48 | フランスの制度