<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フランスの中学校の学期と休暇

フランスの中学校は、9月から始まり、6月末(6月最終週に入る7月の数日)に終ります。
9月から11月末が1学期、12月から3月上旬が2学期、3月から6月が3学期です。

1年間のうち、1ヶ月半に1度は2週間の休暇があります。ブロックにもよりますが、
大体10月末から11月上旬がトゥッサン(お盆)休暇、12月末がノエル(クリスマス)休暇、
2月末から3月頭が冬休み、4月下旬から5月上旬がパック(イースター)休暇になります。
休暇中の宿題は、基本的にはありません。というのも、子どもたちはお休みでも、親は働いているので、休暇中キャンプや祖父母の家に行く子どもも多数いるからです。
(フランスでは、休日は休日として、仕事や勉強はしない、という考え方が一般的です。もちろん、学生などは例外です。)

この話題に関係して、次回、試験制度についてお話いたします。
[PR]
by gaiakiko | 2015-03-04 00:48 | フランスの制度

フランスで教師になるには

現在、私はフランスの公立中学校で、臨時採用教員として教えています。
国家試験を通って正規教員になるには、日本国籍の場合は不可能なようです。
(他にもシステムがあるようですが、それは後ほど)

さて、フランスで臨時採用音楽教員になるには、必要条件があり、
最低でもフランスの大学の新システムでマスター1以上(ディプロム名は
メトリーズ)が必要です。日本で言う学部、フランスではリソンスを取ったあと、
更にマスター1課程(最長修学期間2年)をある点数以上の成績で終えると、
修了資格であるメトリーズがもらえます。

フランス国内の各市町村はそれぞれ、学区にわかれています。この学区をとりまとめるのが、
アカデミーです。フランスで教えようと思った時には、各学区のアカデミーに候補者として登録し、
まずは書類審査にパスする必要があります。検索サイトで各学区の名前とAcloéと打てば、たいていトップにアカデミーのアドレスが出てきます。アクロエというのが、各候補者を管理するポータルサイトになります。
必要書類は、以下の通りです(アカデミーによって変わるかもしれません)。

*履歴書
*志望動機書
*高校卒業証明書(バカロレア)
*大学卒業証明書(リソンス相当)
*大学院修了証明書(メトリーズ相当以上)
*滞在許可証
*パスポート

これらをスキャンし、アカデミーの自分のアカウントにアップします。
それらを、教育委員が見て、学区内に空きポストがあり、彼らが興味があれば、連絡がき、
口述・実技試験に行きます。
[PR]
by gaiakiko | 2015-03-02 01:06 | フランスで教師になる