只今授業準備中

1週間のお試し採用が決まったのが2週間前。
それ以来、授業準備に明け暮れています。
研究活動は2ヶ月に1度のコンセルバトワールの長期休暇にあてていたのが、
今回はそっくりそのまま授業準備にあてるはめになってしまいました。
1週間でプリント作りを終わらせて、今日からの後半1週間は、
研究にあてたかったけれど、どうなることやら。

授業準備ですが、1セカンス(休暇明けから次の休暇までの5、6週間)のプリントを作り、
コーラスもあるので曲を覚え、伴奏を練習し、日本語ではいくらでもごまかせるけれど、
フランス語で専門家でない人に説明するとなると怪しくなる音楽の予備知識を
フランス語にして、大雑把に覚える・・・ということをしたい。
性格上、はったりが苦手なので、ここは綿密に用意して自信を付けるしかないです。

フランスの中学は4年制で、日本より1年早く始まります。
第6学年(スィズィエーム)が日本の小6、最終学年の第3学年(トロワズィエーム)が日本の中3です。

普通、音楽の授業は週1ですが、私の中学はコンセルバトワールとの協定があり、ダンス、スポーツ、音楽が専門の生徒もいます。音楽が専門の子たち(CHAM)のクラスは、クラス全体で受ける授業の他に週1で音楽の授業が1時間、コーラスが1時間追加されます。
私の持っているのは、一般の小6、専門のある子たちの中2、一般の中3に加え、
小6、中2の音楽科とコーラス、中3の特別クラス「映画と音楽」、中2の特別活動「ビデオ作り」です。最後の1つは、ほとんど音楽に関係ないという・・・
民俗音楽学専攻だから、中学とはソフトは違うけれど一応ビデオ編集などはできます。0からでなくてよかった、ほっ。

今、とりあえず、とりあえず、とりあえず、プリント作りが終わったのは、中2の一般音楽、前任の先生に授業ソフトを頂いた小6の一般音楽です。
前任の先生兼私の直属の上司からは、大まかな流れ

小6 中世音楽〜バロック
中1 バロック〜クラシック
中2 クラシック〜ロマンティック
中3 現代

に沿っていれば、時代を越えて作品選びをしてよい(お好きに)といわれているものの、
一応、生徒たち(特に中2、中3)には流れってものがあるわけです。
今年に入ってすでに2セカンスが終わっているので、何をやったかは、一応聞いたものの、音楽科クラスの個人の楽器演奏レベル(コンセルバトワールはレベル別)や専門楽器は様々なので、選択が難しいです。

昨日から、現在中2の音楽の曲の選択にとりかかっております。ラモーから初めて、現在バッハのインヴェンションの分析をしているところで、私にバトンタッチ。
とりあえず、年明けは宿題の答え合わせと前任の先生の終わっていない部分の続き。
その後は、チェンバロの構造とチェンバロの音楽について触れるのですが、
これではテーマが大きすぎて、どうしたらよいの?!という感じです。
去年、彼らはバロックオペラを勉強しまくったらしいので、純粋チェンバロ音楽ということで、チェンバロ音楽の即興性に持って行こうかと思ったのですが、私が個人的にはかじっただけの分野なので、なかなか進みません。

こんなに私が悩んでいるのには、訳があって、フランスにはプログラムはあれども、教科書はなく、個々の授業の内容は先生が決められるのです。(ここ1、2週間で、それでもよく取り上げられる曲はある、と知りました。)

曲の大まかな選定はしたので、後は一体何をメインに分析するかを決めるだけ。
年内に終わらせたいので、休憩終わり!


ところで、この貴重な体験をブログに綴ることにしたのは、日本で活躍なさっている諸先生方とつながりたかったからです。教師の皆さま、よろしくお願いいたします。
[PR]
# by gaiakiko | 2013-12-31 09:01

期間採用ポストの面接その後

(記録のため長文です)

マスターを修了し、いよいよドクターのための長期滞在が決まった私は、
なんとしてもフランスで生きる糧を見つけなければなりません。
将来のためにも、フランスでフランス人と対等にやっていけるという
証明をする必要もあるんです。
所詮、アジア人の女(しかもフランス人の家族がいるわけでもないし)が
この国で生きるのは大変です。

夏に受けた面接では、一応空きポスト待ちになれる
評価だったものの、いっこうに電話は来ませんでした。

フランスで中等教育を受けたことがなく、グループを
教えたこともない、というのが最大のネックだった模様。
けれども、先生に言われたことはするのが習慣の私、
(よい生徒だけれどもよい歌手ではないという。。)、
言われたとおり、フランスの音楽の授業を見学するため、
早速つてをたどって、そこの偉い人に頼み込み許可をもらい、
二人のプロの教師のところへ見学に行く事になりました。

1つは、なかなか都合がつかず、2回しか行けませんでしたが、
もう1つの学校は週2日、朝7時すぎに家を出て、午前中いっぱい
授業を見学。そこでは、教師の指導もなさっている先生ということで、
ちょっとした発声練習などを実際にさせてもらえました。

その合間にも、フランス最大の某学区にも再度書類を申請。
何度も電話やメールで「面接してもらえませんか?書類は受け取られましたか?」と
催促するも、返事は一切ありませんでした。。

他にも多々応募し、面接までたどり着いた仕事も結局、
なんだか怪しげな結果で断られたり、保留にされたり、こちらが断ったり。
今月ある日、いっそ年明けに日本に完全帰国しようかと思い詰めていたところ、
突然電話がかかってきて、面接に呼ばれました!

今回は、見学に通っている先生のアドバイスで、
オペラの歌唱法でクラシックのレパートリーを歌うのではなく、
地声でビートルズを歌う!と決意。
結局、地声だと全く声がならないので、声が小さいという理由で落とされそうだったので
多少ビブラートを付けてもごまかせるドレミの歌のフランス語版を歌うと前日に路線変更。
こちらの先生は伴奏譜は見ず、普通は暗譜なのですが、
私はせめて習い始めたコード譜番号見ながら伴奏することに決めました。


面接は、1時間かかる郊外だったので、2時間前に出たにも関わらず、
電車の遅れでギリギリセーフ。門についたのが時間きっかり、
その後入り口で会場となる教室を聞いたり、自分の名前にチェックいれてもらったら、
4分遅刻になってしまいました。
が、なんとかクリア。歌詞はとちりましたが、ピアノは「ニケル!(完璧!)」

自分の評価が何だったのか聞き忘れたため、
やはり落ちたかと不安でしたが、その数日後に電話があり、
あるポストが空く、とのこと。
なんと、先日の面接官だった方が教えてた学校のポストだそう。
なんとラッキーな!!
実はもう一方、優先順位の高い候補者がいらっしゃったようなのですが、
その方が時間の都合がつかなかったのと、即引き継がねばならないポストだったので
私が1週間お試しで入ることに。
前任の先生(私の面接官の一人)が授業をなさるのを1週間見学し、
合間に引き継ぎ、今後の授業予定の相談に乗ってもらい(というより、
むしろ、お知恵をお借りし何とか準備に取りかかれるようにし)、
他教科と連携プレーのある授業がいくつかあるので、同僚の先生方を紹介していただき、
打ち合わせし・・・という怒濤の一週間を過しました。
実は、最初の契約は1週間で切れ、新年明けに次の休み(こちらは2ヶ月に1度
2週間の休みがあります)までの契約をしてもらえるのだと思うのですが・・・
(経験のあるよい方を見つけた、という)電話がかかってこないことを祈ります!

実は、その週本番が3つあり、何がなんだかわからぬまま、
休みに突入しました。休みに入ってからも、準備することと授業のための勉強(フランス語・・・)に追われています。
仕事が全然決まらなかったあの絶望感から一転、幸せな悩みです。
[PR]
# by gaiakiko | 2013-12-29 09:07

急な面接。その後

面接は、無事「L'avis favorable」良い結果をいただきました。
私は12時に呼ばれていて、11時半ころ着いたのですが、
なんと前の予定が大分押していて、私の面接が始まったのは1時過ぎ。
どうやら、本来一人の持ち時間は15分で私は午前の部の後ろから2番目。

空腹との戦い・・・

私の前の前の人たちくらいまでは、一人30分くらい話していましたが、
私の前の人と私は、20分くらいで終わりました。

フランスでの学歴(マスター1、メトリーズからこのポストに応募が可能)、
この仕事の経験値(私は日本で実習した3週間だけ・・・)、
外国人の私はフランス語のこと。
それと、最後にピアノで弾き歌い。私は、歌の初心者がよく歌う
「優雅な月よ」という伴奏も簡単で弾き歌いしやすいものを持って行きましたが、
これはフランス人には言葉の問題で難しいかも、、、とのこと。

これから、リストに入れてもらってお声がかかるのを待つのですが、
その間に準備はしなければなりません。
新しい事をわくわくしながら、学ぶ事、準備する事が今月の課題です。
[PR]
# by gaiakiko | 2013-09-03 18:10

随分急なお話ですね。。

1ヶ月程前にある公共機関に、
履歴書と志望動機書を提出しました。
待っている間に、いくらバカンス(夏休み)中とはいえ、
もう落ちたってことかな。。。と諦めておりました。

本日突然、メールにて面接の連絡書がきました。


明後日の12時に所定の場所にきて面接、
指定された歌を歌う事(ピアノが使えます)。


随分急なお話ですね。
もうダメだと思って、週末のレクシャーの準備で
忙しいため、ここ1週間ピアノも歌も練習してません。
別件の大切なお約束も入っているけれども、やるしかない!!

この間の面接の失敗をいかして、アドバイス通りに準備していきます!!
一点、「レストランで働いたことも、誤解を怖れず履歴書に書いていい」
というのだけできないので、そこはスピーチで挽回します。
[PR]
# by gaiakiko | 2013-08-29 02:47

携帯騒動(毒だし)

今日は、2年で結んだ携帯の契約がもうそろそろ切れるので、
契約が切れるまま放っておいていいのか、
手続きが必要なのかや、もっとお得な契約について調べようとおもい、
自分が以前契約した携帯屋さんへ。

次はどんな携帯がいいかなーなんて楽しく考えつつ、
私の契約内容を調べてもらったら、

「あなたの契約は去年8月12日に変更されているので、
契約が切れるのは2014年の8月です」


と!!
「そんなの絶対おかしい!そもそも去年の8月はフランスに
いなかったのに、どうやって変更したんですか?」

ときいたところ、

「じゃあ、7月末あたりに電話があって、
間違って変更しちゃったんじゃない?」



だって!!!その他、まるで私がフランス語できないから、
わからないまま承諾したかのような言い方。
「私、去年の7月から8月は日本にいたから、
電話にでることは不可能です。誰がいつどうやって変更したか
調べてください!契約変更は私の了承がなかったのだから、
前の契約内容に変更しなおしてください」

といったら、お店では調べられないし、契約の変更取り消しも
できないから、該当部署に電話して自分で交渉しろときた!


10分以上有料の電話で待ち続け、
結果、私の契約内容は何も変わっていないことが判明。
お店の使えない店員が、番号を打ち間違ったか、聴き間違ったかして、
違う人のアカウントを開き、名前があっているか確認せず、
適当なことばっかいってたみたい。


フランスにいると、こういう理不尽で腹立つことがたくさんあります。
フランス語がネイティブ並みにできない女だとなめられて、明かにあちらのミスでも
相手にしてもらえないことも。
久しぶりにフランスの洗礼を受けた!


適当な店員のせいで無駄な時間を過してしまったわ。
本当に日本のサービス精神、仕事を真っ当する姿勢は素晴らしいと思う!!
[PR]
# by gaiakiko | 2013-08-27 19:59