面接②

さて、面接の続きです。

「あなたは私たちが優先して取ろうと思っている候補者でない」という
ようなことを言われたので、ならばいっそ次に結びつけようと
いろいろ聞いてきました。

そうしたら本当に親切に教えてくれました。
そのうちの一つを。

私は、ちゃんとに働いたことがありません。
日本で人事系書類をきちんともらった部分しか書類に書きませんでしたが、
フランスでは日本とはまた違うシステムなので、
日本でいうところのアルバイトも書いたほうがいいそうです。
私のように音楽から、受付を受ける場合は、
採用者からすれば「???」でいっぱいになってしまうので、
キャリアチェンジをする上でも、時間に余裕の有る時に
スタージュ(インターンシップ)をするよう勧められました。
うちのスタージュに応募してもいいですよ、とのこと。

フランスでは、研究用マスターもありますが、
研究職を目指さない職業実践訓練のためのマスタープロという制度があります。
このマスターは、ものにもよりますが、数ヶ月から半年くらいの
インターンシップとそれに関わるレポートが毎年必須です。
そうやって実地訓練をして、卒業すれば即戦力になっていくようです。
インターンには、最低賃金の半額程度もらえるものと、
無給のものがあります。
学校のシステムとは別ですが、私のようなマスタールシェルシュ(博士課程
進学を目指す研究用マスター)の学生でも可能です。

これまで、インターンは周りの学生がしていても、
授業の関係でフルタイムで働くことは難しいのと、収入がないと
生活できないので考えたことがありませんでした。

博士課程は最低3年。民俗音楽学は現地調査が必須なので、
ネイティブですら最低でも4年はかかるようです。
その3年間、どれだけ充実した研究活動をするかは、
どれだけお給料がもらえるかに直結します。研究にはお金がかかりますから。。
スタージュでキャリアチェンジを考えるのもいいかもしれないな。
[PR]
# by gaiakiko | 2013-08-24 18:04

面接

数ヶ月前、母方の叔父と話をする機会があり、
叔父のどんなことにも興味を持つ生き方や目の輝きにとても
影響を受けたので、私も何かしたい!と思い始めました。

今後30日間、毎日決めたことをやり通すのを目標にしました!
ここ数年紙媒体ですら日記を書くのをやめてしまっていたので、
とりあえず30日は、日々に起きたこと、考えたことを紹介がてら、
無理のない程度に書き留めようと思います。

そんな訳で、初日。
今日は偶然にも2つほど面接がありました。
語学学校の受付です。フランスでは学生ビザだと週に20時間働けます。
今はレストランで働いており、上司同僚に恵まれ、
美味しい賄いもあるし、大満足ですが、今後35まで肉体労働しながら、
最低300ページの論文を書くのは体力的にとても困難です。

そんな訳で、せっかく語学学習が好きなことだし、
学びに関わる仕事をしたいと思い、片っ端から履歴書(CV=フランス語ではセーヴェー)を
送りまくりました。
そのうちの2つから、ひと月以上たってすっかり諦めたころに返事をいただき、
面接に呼んでいただきました。

正式通知はまだですが、おそらく落ちたでしょう。
でも、これをバネに自分を変えようと思い、
面接官に「私に今後のアドバイスを下さい!」とお願いしてきました。
そのアドバイスは、また今度書きます。

À demain!
[PR]
# by gaiakiko | 2013-08-24 08:09

ごあいさつ

はじめまして。パリ在住のmariniです。
ある人に感化され、私もネット上に情報発信してみることにしました。
私の留学生活の情報が少しでも、これから音楽留学を目指す皆さんの役に立てば嬉しいです。

2008年4月末より南仏の駅のない小さな町におりました。
その後モンペリエでの2年間を経て、現在パリで、
民俗音楽学を専攻しつつ、歌を歌っています。
大学生活のことなどを、少しずつこの日記に書いていく予定です。
どうぞよろしくお願いします。

b0290496_1856192.jpg

[PR]
# by gaiakiko | 2013-08-22 18:51